晴耕雨読日記

《名・ス自》晴れた日は畑に出て耕作し、雨の日は家にいて読書すること。田園に閑居する文人の生活などに言う。ニート。

3年つづけるということ

サラリーマンが企業で円滑に仕事を進めるには、3年間は苦労しないとならないと思っている。組織にはそれぞれの文化があり、定められたルールがある。それを学ぶためには最低3年はかかる。そして、そういった文化やルールが身につくと、視野が開け、余裕を持って業務を進めることができる。

この、3年という期間は私に経験によるものである。前職では3年目である程度、周りが見えるようになった。それによって自分の立ち位置や力の入れどころ、抜きどころがわかるようになってきた。3年というのは、繰り返しになるが私の経験であり、早い人はもっと早いだろうし、遅い人もいるだろう。いうまでもなく、早い人は実力があり、いわゆる上にいく人、ということになるのであろう。

私が現在務める組織は、特にルールが細かく定められている。ルールの乗っ取って仕事を進めることが何よりも重要なことである、という文化だ。そういった組織で前職のように3年でルールを体得できるかはわからない。逆に、ルールが細かく決められてることで体得できる可能性もある。

 私は現在の職場でやってみたいことがある。そのためには文化、ルールを早く体得したい。前述の通り、ルールは細かく決められてるので、それらをいち早く吸収することが必要であると考えている。