晴耕雨読日記

《名・ス自》晴れた日は畑に出て耕作し、雨の日は家にいて読書すること。田園に閑居する文人の生活などに言う。ニート。

定期的に本屋に行く

今でこそAmazonはなんでも揃うネットショッピングの代表格であるが、創業当時はオンライン書店だった。今では自分を含め、多くの人がAmazonで本を買ってる。その影響で多くの書店が潰れたという。現在では大型の書店しか生き残れない時代になってしまった感がある。

 

そんな書店離れともいえる現在でも、自分は最低でも2カ月に一度くらいは大型書店に足を運ぶようにしている。理由としては単純で、本を見に行くためである。書店には実物が本棚に並べて置いてあり、読むことができる。これが重要である。

 

電子辞書が出始めた頃に、よく言われていたことがある。電子辞書は、探したい項目だけしか目に入らない。紙の辞書は、その周りや関連する項目も目に入るため、より多くのことを学べる。教育には紙の辞書を用いるべきである。こう言った考え方がある。

 

このことが正しいか否かは今回は置いておく。

しかし、この電子辞書の考え方に通じる考え方として、書店で本を探すということはとても重要なことである、と自分は考えている。書店に足を運び、本棚を眺め、手に取り斜め読むことは情報収集としては非効率なように見えて、実は逆に効率が良い。

 

書店では各分野に分類されて本が並べてあり一覧性が確保されている。自分がノーマークだった新刊が発行されていることに気づく。隣の関連分野の棚に自分の興味につながる本を見つける。さらに、全く異分野領域を俯瞰できる。

 

検索だけでは見つからない情報を得ることができるのである。

 

このように、ここで書ききることができないほど、書店で本を探すことはメリットがある。また、これは自分だけでなく、多くの人が同様のことを主張している。あの林修先生もテレビ番組で仰っていた記憶がある。

 

また、街の本屋は小さいスペースで儲けを出さないとならない。そのため、その時々の流行の本を多く取り扱っている。時々の流行本についてキャッチしたければ、街の本屋もなかなか良い。

 

なお、自分は以下の3書店を見回るようにしてる。最後に簡単に紹介する。

 

①紀伊國屋書店 新宿本店

言わずと知れた老舗。取扱量が多いのでここのチェックは欠かせない。

紀伊國屋書店 新宿本店 (@KinoShinjuku) | Twitter

②ジュンク堂 池袋本店

ジュンク堂の本店。蔵書もさることながら、ここはフェアがおもしろいと感じる。ただ、最近は行けてない。

ジュンク堂書店池袋本店 (@junkudo_ike) | Twitter

③ジュンク堂 吉祥寺店

ここは2フロアなため、上記2店とは異なって回りやすい(他は何階もある)。人混みが嫌いなため、吉祥寺のほうが若干人が少なくて良い。

ジュンク堂書店 吉祥寺店 (@junk_kichijoji) | Twitter