晴耕雨読日記

《名・ス自》晴れた日は畑に出て耕作し、雨の日は家にいて読書すること。田園に閑居する文人の生活などに言う。ニート。

何回目かの最初の話

考えていることを具体的にしないと次のステップ、つまり行動に移せないのかもしれない。ずっと考えていたのは働きたくないということ。それはただ無為に生きていくと勘違いされそうだけれど、違う。でもそれを具体的には語れない。だから悶々とと20年近く過…