晴耕雨読日記

《名・ス自》晴れた日は畑に出て耕作し、雨の日は家にいて読書すること。田園に閑居する文人の生活などに言う。ニート。

生物多様性って何?【シリーズ生物多様性:①】

 生物多様性について書いてみる!生物多様性ってよく聞くけど、わからない事が多いです。自分もそういったことを今までやってきたけど、体系的に学んだことはありません。知ったかぶりなことも多々あります。

 生物多様性の問題は、地球温暖化とともに重要な環境問題の一つです。ただ、地球温暖化は、最近の異常気象や、それによって引き起こされていると思われる(地球温暖化=異常気象ではない。かなり関係が深いけど…)災害によって、私達の生活レベルで実感できる。でも、生物多様性はそうではないことがしばしばです。これってすごい生物多様性の恩恵を受けてる!って実感できる場や瞬間って少ないし、生物多様性のおかげで成り立っていることに気づけてないことのほうが多い。それは生物多様性について研究したり、携わっている人でさえ気づかなかったり、感じ取れなかったりするんだと思います。

 そんな難しそうな生物多様性ですが、今回は、全く知らない人に教えるつもりで生物多様性についてまとめてみました!メインの対象は全く知らない人ですが、生物多様性に興味がある人、大学のレポートでまとめなきゃ!みたいな人に向けて取っ掛かりとなるような記事にしたいと思います。

(私は多少、生物多様性に関わることを仕事でしていました。今はそういった仕事から離れてしまいましたが、生物多様性保全活動をはじめ、環境問題に関してはライフワークとして取り組んでいきたいと思ってます!なので、便業のため、備忘録としてまとめている面もあります。むしろそのほうが大きいかも。随時更新していこうとともいます。)

 

生物多様性って知ってる?

 そもそも、生物多様性って知ってる?言葉くらいは聞いたことがある?実際みんなどれくらい知っているんだろう?そんな疑問に答えてくれるのが環境省のアンケート結果。ただし、最新のが見つからなかったのでH28年度のものですが。。

 

平成 28 年度生物多様性認知度等調査(インターネット調査)の結果

f:id:dotwir:20181009234958p:plain

https://www.env.go.jp/press/files/jp/106365.pdf (181009閲覧)

 H28年度最新の結果だと知っている、もしくは聞いたことがある人が7割もいる。 意外。。。みんな生物多様性のことをどこで見知ったの??普通に暮らしてて出会う場面あったけ?すごいな日本人。

 とか言ってみるけど、実際知っているといっても聞いたことがあるレベルでとどまっていて現実を知らない人のほうが多いと思います。関わってた自分だって体系的に包括的に意義をしっかりと説明しろって言われたらアワアワしてしまう。

 ここで重要なのが生物多様性を知っているだけ、ということはあんまり意味がないということです。生物多様性のような概念は知っているだけ、聞いたことがあるだけでは正直意味がない。生物多様性という概念を知ってどう行動していけるかがポイントとなってくると思います。

 ……偉そうなこと言ってすみません!!でも、実際のところ間違っていないと思う。この記事をきっかけに生物多様性について知って、生物多様性保全(生物多様性を守ってていこう!ということ)にとりくんでいけるひとになっていきましょう!自分も含め。。

 前置きはこれくらいにして、生物多様性について書いていこうと思います。

 

 

生物多様性って何?

 生物多様性って何?生きものがいっぱいいるってことでしょ?

 そうです、間違ってはいないと思う。というか、自分もそう思ってます。。まず、誰もが調べ物をするときに見るWikipedia先生に聞いたみた。すると、

生物多様性(せいぶつたようせい、英語: Biodiversity)とは、生物に関する多様性を示す概念である。生態系・生物群系または地球全体に、多様な生物が存在していることを指す。

生物多様性 - Wikipedia

 ということらしい。生きものが多様に存在していることを示す概念みたいです。生物多様性と検索するとWikipediaの次に出てくるのが、環境省の生物多様性に関するページ。やはり環境省ですか、ありがとうございます。力が弱い官庁と言われてもさすがにここは環境省の出番です。

生物多様性とは、生きものたちの豊かな個性とつながりのこと。地球上の生きものは40億年という長い歴史の中で、さまざまな環境に適応して進化し、3,000万種ともいわれる多様な生きものが生まれました。これらの生命は一つひとつに個性があり、全て直接に、間接的に支えあって生きています。生物多様性条約では、生態系の多様性・種の多様性・遺伝子の多様性という3つのレベルで多様性があるとしています。

www.biodic.go.jp

 前半部分は比喩的にやわからかな感じで説明してくれていますが、最後はなんか3つのレベルがあるとか言ってます。しかも、条約って?これらは後で説明していきますね。

 もう一つだけ、ご紹介。パンダのロゴで有名なWWFジャパン(https://www.wwf.or.jp/)という世界最大規模の環境NGOによる生物多様性の説明です。噛み砕いた説明でしっくりとくる説明がされています。「生きもののつながりを、私たちは「生物多様性」と呼んでいます。」これはすごくわかりやすいし、つながりという点は生物多様性を理解するために重要なキーワードだと思います。

地球上の生命、その中には、ヒトも含まれれば、トラやパンダもおり、イネやコムギ、大腸菌、さまざまなバクテリアまで、多様な姿の生物が含まれています。

これらの生きものはどれを取ってみても、自分一人、ただ一種だけで生きていくことはできません。多くの生命は他のたくさんの生物と直接かかわり、初めて生きていくことができるのです。

このかかわりをたどっていけば、地球上に生きている生きものたちが、全て直接に、間接的につながり合い、壮大な生命の環を織り成していることが分かります。

この、生きもののつながりを、私たちは「生物多様性」と呼んでいます。

それは、この地球という一つの環境そのものであり、そこに息づく生命の全てを意味する言葉に他なりません。

www.wwf.or.jp

 

さて、長くなってしまいましたが、生物多様性とは、

”生きもののつながり”

ということを覚えていただければ、入り口に立てたのではないかなと思います!

 

ーーー

 今回はこのあたりにして、次回以降は以下のようなことについて調べて書いてみようかな!もっとわかりやすいページとか調べてみて、面白いことがあればどんどん更新していきます!

  • 具体的には何をさすの?
  • 生物多様性はなんで重要なの?
  • 生物多様性を保全していく方法って?
  • もっと詳しく知りたい場合は?

もし、こんなこと調べてほしいということがあればコメントください!

 

以上

通勤中狭い階段登ってたら現代の奴隷船って言葉が毎回過ぎる(ネガティブな記事ではないです!)

…言葉通りです。

なんだろう、ほんとつらい。みんな死んだような目をして同じ方向へ歩いていく。

周りに鞭を持った監視員がいないだけで、見えない監視員に命令されているように同じ方向へ歩いていく自分とみんな。

職場近の駅を降りて、数分歩くと細い地上に出る階段がある。ここで奴隷感マックスな気持ちになるのだ。

これをあと何十年続けなければならないのだろうか。。。

 

と、暗いことを書きましたが、実際の自分は毎日同じ道歩くと、なんかつまんないので意識していろんな道を通るようにしてます。色んな発見あるし。

自分は道端の雑草に興味があるのでよく植え枡だったりアスファルトの破れ目見ながら歩いてます笑

小さな草花でも四季の移り変わりも感じ取れるし!おすすめ!

どうしても同じ道、同じ時間の電車に乗らなきゃいけない場合もあるので、そのときはいつもいる人だったりいつも見る風景が、今日はどんな変化があるのかを追っていくのも楽しいです。

奴隷ではないけど、奴隷っぽい毎日を振り払うためにいろいろ試してはいかがでしょうか!いい案あったら教えてください!

どうでもいい記事でした!

以上

幻想のノー残業デーを幻想じゃなくそう

ノー残業デーは幻想?

 ノー残業デー。水曜日はノー残業デーとされてる会社が多いって聞きます。うちの会社も今日はノー残業デーでした。ただし、いつも定時で帰る人もいるので、だいたいいつものメンバーが残ってた…。

 でも水曜日がノー残業デーって当たる前なのかな?と思ってちょっと調べてみました。

 

 で、適当に検索して出てきたのが、この記事。

勤務先に導入されている制度、1位「ノー残業デー」 - プレ金導入率は?

https://news.mynavi.jp/article/20170907-a204/

 

 これによるとノー残業デーを導入してる企業は22.7%らしい。。え?こんなに少ないの??よく聞く割りにはそうでないところがほとんどだったのか。やっぱノー残業デーは幻想だったのか。

 じゃあ何でみんな水曜日はノー残業デーだと認識してるんだ?いつから始まったの??

 

ノー残業デーっていつからあるの?

 またまた、適当に検索したらこんな記事が出てきた。

転職Hacks

ノー残業デーの意味とは?

https://ten-navi.com/hacks/way-of-working-10-9214

 

 この記事によると、40年前にはノー残業デーを設定していた企業があるらしい。そんな昔から…って思ったけど、平成が30年なのでその10年前だ、微妙。あ、でも、リゲインの24時間戦えますかの時代前だから先進的であったことは間違いないな。

https://m.youtube.com/watch?v=reCVRVRDTn0

 

みんなもノー残業デーを!

 23%の企業しか導入していないノー残業デー。あっても残業をしている人も多い。(実際今日、自分も残業をして帰ってきました笑)前職にいたっては水曜日はほぼ確実に残業だった。

 生活のために残業代を稼ぐために残業をする人もいる。自分も残業代がでる会社に転職して残業の時間をしっかり記録し、管理するようになった。

 ただ、毎日毎日残業だといろいろ疲弊してくるはず、確実に。それが肉体的になのか、精神的になのか。今は大丈夫だと思ってもいつかガタがくるかも。

 持続可能に仕事を続けていくためにも水曜日に限らず、週一回は定時で帰っていく努力をすべきだな、というありきたりな締めでいいかな?オチなし!!

 

 ちなみにノー残業デーについて知りたかったら紹介した記事で結構いろいろなことがわかります!おススメ!

 

転職Hacks

ノー残業デーの意味とは?
https://ten-navi.com/hacks/way-of-working-10-9214

以上

仕事をする上でマイナスになるのは人間関係

自分が仕事をする上で、マイナスに作用することってなんなのかを考えてみた。

 

①長時間労働

これは普通に苦になるけれど、前職は年度末には1〜3月は100時間オーバーしていた。けど、最後の最後はハイ(灰?、廃?)になってそれほど苦にならない感覚があった。チームメンバーと一緒に敵と戦っている感じだ。変な一体感で仕事を進められた。

もちろんサビ残である。


→やばいのは除いて、そこまで苦にならずマイナスには作用しないのか

 

②相手がある仕事

こんな項目があること自体おかしいのだろうが、前職はないものもあった。今は個人から苦情があったりするのでこれがストレスになる。

これって致命的なのか?

相手が組織に属する個人の場合はそうでもない。

 

クレーマー的なのの相手が苦手なのだろう。確実にマイナスに作用している。

 

③休日出勤

a.イベント系

これは苦になる場合とならない場合ではっきり分かれる気がする。イベント系に駆り出されるのだが、当然自分がなんらかの責任を追ったポジションで出る場合はストレスになる。一方、人足として出る場合は楽しめることもあるので問題ない。

b.作業日数が足りないので内勤で休日出勤

これはもうストレス。長時間労働に入ってくるのだろうが、休みに事務所に籠るのはきつい。今の職場もチームによってそういうことがあるが、耐えられない(残業代が出る分マシか?)。

 

→マイナスに働かない場合もあるが、基本的には苦になる。また、休みは泊りがけでアウトドアや田舎で農業したりするために転職したので基本的にはNG

 

④職場の人間関係

職場の人間関係が最も影響していることは自分で分かっている。今もチーム内のある人との折り合いが悪いために能率が落ちている。

前職の一年目の時も同様の事態があった。

自分の仕事はその人から聞かないとわからないのだが、気分屋なのかその時々で態度が変わる。教え方も他の人と比べて圧倒的に雑だ。態度も人によって違い、目上に対しての接し方は明らかに異なる。

(今回の嫌な人と前職の嫌な人にはすごくいろんな点で共通点がある!それを書きたいのだが外向けのブログでは問題があるなーと思ったので書かない、書けない)

こういう人はすごく苦手だ。今回は社会人一年目の時と違って、そうした場合にもどう対応すれば良いかある程度わかってきている。

それをもってしても、いまなお自分の仕事に対する能率を圧倒的に低下させている

この他に部下と呼んでもいい人が転職してからたくさんいる。転職したばっか(試用期間を含めて!)にも関わらず、何も知らない自分がそうした人に指示を出して判断しなくてはならないのはこれまたストレスとなっている。

世の中ってそういう感じなのか?初めてまともな組織で働き始めたのでそこらへんが分からない…

 

→間違いなく職場の人間関係が最も働く能率に影響している。最初にマイナスに作用していること、という点で書き始めたけど、これはプラスに置き換わることもあるだろう

実際、前職は人間関係が良いことが多かった(さっき書いたマイナスの人はかなりの例外)ということもあり、ある面、そのおかげで自分の実力以上のものが出せていた気がする。

 

⑤上司

これに関してはまた別に書こうと思うが、いい上司ってのは基本的に出会ったことはない。

 

 

ダラダラと書きなぐったのでこの記事も気づきがあればどんどんバージョンアップしてある程度まとまった形にしていきたいと思う。

 

以上

 

俺がブログをやる理由【β版】

まどろっこしいことをいうのはやめた。何でブログを書くのか。。

 

俺は働きたくないんだ。ニートになりたい。正確に言えば、ちょっと畑仕事をするくらいでグータラと生きていきたい。亀山ルカ先生のブログの副題にも「平日の昼間に散歩するささやかな夢を叶えよう」とある。俺もそういうところを目指していきたい。まさに晴耕雨読だ。

 

そのためにブログで収益を上げたいし、色々な情報を収集してまとめる場にしたい。まとめた情報を実践することも大切だ。

 

今日読んだ亀山先生の本

アフィリエイトで夢を叶えた元OLブロガーが教える 本気で稼げる アフィリエイトブログ 収益・集客が1.5倍UPするプロの技79

にも、ブログをやっていく中で上手くいかなくても焦っちゃならんってあった。けど、なるべく早くいろいろこなしてって生活を変えていきたい。もう30過ぎてるし。

 

f:id:dotwir:20181008225317j:image

のんびり暮らしたい。いきたいところもある

 

なんかこんな記事ばっか。。でも決意を書いておかないとなー。

以上