晴耕雨読日記

《名・ス自》晴れた日は畑に出て耕作し、雨の日は家にいて読書すること。田園に閑居する文人の生活などに言う。ニート。

定期的に本屋に行く

今でこそAmazonはなんでも揃うネットショッピングの代表格であるが、創業当時はオンライン書店だった。今では自分を含め、多くの人がAmazonで本を買ってる。その影響で多くの書店が潰れたという。現在では大型の書店しか生き残れない時代になってしまった感がある。

 

そんな書店離れともいえる現在でも、自分は最低でも2カ月に一度くらいは大型書店に足を運ぶようにしている。理由としては単純で、本を見に行くためである。書店には実物が本棚に並べて置いてあり、読むことができる。これが重要である。

 

電子辞書が出始めた頃に、よく言われていたことがある。電子辞書は、探したい項目だけしか目に入らない。紙の辞書は、その周りや関連する項目も目に入るため、より多くのことを学べる。教育には紙の辞書を用いるべきである。こう言った考え方がある。

 

このことが正しいか否かは今回は置いておく。

しかし、この電子辞書の考え方に通じる考え方として、書店で本を探すということはとても重要なことである、と自分は考えている。書店に足を運び、本棚を眺め、手に取り斜め読むことは情報収集としては非効率なように見えて、実は逆に効率が良い。

 

書店では各分野に分類されて本が並べてあり一覧性が確保されている。自分がノーマークだった新刊が発行されていることに気づく。隣の関連分野の棚に自分の興味につながる本を見つける。さらに、全く異分野領域を俯瞰できる。

 

検索だけでは見つからない情報を得ることができるのである。

 

このように、ここで書ききることができないほど、書店で本を探すことはメリットがある。また、これは自分だけでなく、多くの人が同様のことを主張している。あの林修先生もテレビ番組で仰っていた記憶がある。

 

また、街の本屋は小さいスペースで儲けを出さないとならない。そのため、その時々の流行の本を多く取り扱っている。時々の流行本についてキャッチしたければ、街の本屋もなかなか良い。

 

なお、自分は以下の3書店を見回るようにしてる。最後に簡単に紹介する。

 

①紀伊國屋書店 新宿本店

言わずと知れた老舗。取扱量が多いのでここのチェックは欠かせない。

紀伊國屋書店 新宿本店 (@KinoShinjuku) | Twitter

②ジュンク堂 池袋本店

ジュンク堂の本店。蔵書もさることながら、ここはフェアがおもしろいと感じる。ただ、最近は行けてない。

ジュンク堂書店池袋本店 (@junkudo_ike) | Twitter

③ジュンク堂 吉祥寺店

ここは2フロアなため、上記2店とは異なって回りやすい(他は何階もある)。人混みが嫌いなため、吉祥寺のほうが若干人が少なくて良い。

ジュンク堂書店 吉祥寺店 (@junk_kichijoji) | Twitter

 

 

 

 

 

 

 

投資を始める第一歩

昔と違って預金の金利が低い昨今、投資をしないとなと思っている。思っていると言っても、学生に頃から少し手を出してはやめているので実は向いていないのかもしれない。

 

ただ、30を過ぎた今、周りと比べてもさほど稼いでいるわけではないので、なんらかの手を打たなくてはならない。30代で投資をしている割合は1割ほど(※1)という結果もあるようなので、差を埋めるチャンスでもある。

※1https://incomepress.jp/asset/2632

 

最近ではAIを活用した投資ロボットもあるようだ。自分は、上がる株などを見分けられるとは思っていないので、投資ロボットやインデックス投資などをメインにしようと考えている。

 

今度はどのような配分で投資をしていくかを詰めていかなくてはならない。

仕事について考えているが、まとまらない

楽しくて稼げる仕事は世の中にあるのだろうか。今のところ自分はそのような仕事に巡り会えてないけれど、実際あるらしい。Twitterなどをみれば稼いでいてキラキラした感じで楽しい経験を書き連ねている人がいる。

 

仕事を「楽しい」と「稼げる」という2軸で考えれば、以下の4通りが考えられる。

1.楽しくて、稼げる

→一番良い。ここになりたい。

2.楽しいが、稼げない

→まあまあ良い。今考えると前職はこれだったか。

3.楽しくないが、稼げる

→稼いでる人はこれが多いのかもしれない。

4.楽しくなくて、稼げない

→一番ダメ。今、自分はここにいるのか!?

 

今年の4月に転職した自分は、前職にいたときは4だと思っていたが、今考えば2であったのかもしれない。まあ現在は労働時間が大幅に減って年収も上がっているので一概にだめとははいえない。というか、この「楽しい」と「稼げる」以外の軸が入っているのでこれだけでは分析できないだろう。

 

転職して思ったことは、自分の中で「仕事」には何を一番に求めるのか、ということを明確にすることは大切だ、ということである。現在は「楽しい」と「稼げる」が自分の中で仕事に優先度が高いと感じている。仕事に求めるもの、優先順位を明確にするということは、転職サイトなどを見ると当たり前のように言われている。しかし、自分が実際に転職活動をしているときはあまり意識していなかった。

 

ここまで適当に書いてきたが、全然まとまらないのでもうちょっと考えてみることにする。自分のための備忘録として貼っておくが、自分がチェックしている、ちきりん氏と藤沢数希氏のしごとに関するエントリを貼り付けておく。あとで読むように。

 

chikirin.hatenablog.com

 

blog.livedoor.jp

今年面白かったNHKスペシャル 3選

 今年面白かったNHKスペシャルを3つ挙げたい。毎週日曜日の9時に放送しているイメージがあったが、時間や曜日が異なるときもあるようだ。自分は連ドラ予約をしているが、基本的に見ずに消している番組が多い。そんな中で面白かったNスペを紹介したい。

 

秘島探検 東京ロストワールド  第1集 南硫黄島  9月16日(日) 

 南硫黄島の調査隊に同行した映像。通常は立ち入れない南硫黄島は、これまで1936年と1982年の2回しか調査がされていない。そんな孤島に自然環境の各専門家が入って調査した記録である。

 このような未踏の自然環境の調査というものは研究者、生き物屋(この生物関係の人たちが〇〇屋という言葉はあまり好きではないが、よく言われるので使った)にとっては憧れの調査対象である。自然環境に関わる仕事をしている多くの人は当然のように見ていただろうと思う。第2集もあり、こちらも面白かった。もっと時間を撮って放映すべき記録だろうと思う。

NHKスペシャル | 秘島探検 東京ロストワールド第1集南硫黄島

 

ロストフの14秒  日本vs.ベルギー 知られざる物語  12月8日(土)

 つい先日放送されたNスペ。正直サッカーに興味ある人じゃないと見ていなかった番組だろう。今年のW杯決勝リーグの一回戦、対ベルギー。勝てるかと期待した試合だったが、後半アディッショナルタイムで逆転され、日本は敗北した。逆転されたベルギーの3点目は芸術的なカウンターだった。今後、カウンターのお手本となるプレーだったと思う(下記参照)。

 このカウンターは14秒のプレーで、ロストフというスタジアムだったため「ロストフの14秒」というタイトルとなっている。日本、ベルギーの選手、監督、日本に関係のある監督のインタビューによる構成。試合から時間が立ってるとはいえ、やはり当事者の考え方を思考を言語化し、当時の駆け引きを知ることができるのは非常に興味深い、というか単純におもしろい。

 音楽のチョイスもよく、俳優山田孝之氏のナレーションは抜群に聞きやすく良かった。この番組は年末にBS1で前編・後編として放送するらしいので非常に楽しみである(12月29日(土)午後9:00-午後10:50)。

NHKスペシャル | ロストフの14秒日本vs.ベルギー 知られざる物語

www.youtube.com

 

アウラ  未知のイゾラド 最後のひとり  12月16日(日)

 アマゾンの奥深くに暮らす、文明社会と接触したことのない未知の先住民=イゾラド。何年か前に放送した「大アマゾンシリーズ」の続きなのかもしれない。この放送の数時間前に放送していた。未だ、現代の文明が入っていない人達が地球にはいるというのが素直な驚きだ。

 この番組とは関係ないが、インド辺りの島にもそういう人達がいたと記憶している。

 この部族はもう絶滅してしまい、文化や言語は消えていくということが目にはっきりと分かる番組だ。こういった映像はとても価値のあるもので、NHKでないと、それもNスペでないと取材は不可能であろう。これこそ最近はやりの教養であろう。

NHKスペシャル | アウラ未知のイゾラド 最後のひとり

 

 

 来年も骨太の番組を期待している。

生物多様性って何?【シリーズ生物多様性:①】

 生物多様性について書いてみる!生物多様性ってよく聞くけど、わからない事が多いです。自分もそういったことを今までやってきたけど、体系的に学んだことはありません。知ったかぶりなことも多々あります。

 生物多様性の問題は、地球温暖化とともに重要な環境問題の一つです。ただ、地球温暖化は、最近の異常気象や、それによって引き起こされていると思われる(地球温暖化=異常気象ではない。かなり関係が深いけど…)災害によって、私達の生活レベルで実感できる。でも、生物多様性はそうではないことがしばしばです。これってすごい生物多様性の恩恵を受けてる!って実感できる場や瞬間って少ないし、生物多様性のおかげで成り立っていることに気づけてないことのほうが多い。それは生物多様性について研究したり、携わっている人でさえ気づかなかったり、感じ取れなかったりするんだと思います。

 そんな難しそうな生物多様性ですが、今回は、全く知らない人に教えるつもりで生物多様性についてまとめてみました!メインの対象は全く知らない人ですが、生物多様性に興味がある人、大学のレポートでまとめなきゃ!みたいな人に向けて取っ掛かりとなるような記事にしたいと思います。

(私は多少、生物多様性に関わることを仕事でしていました。今はそういった仕事から離れてしまいましたが、生物多様性保全活動をはじめ、環境問題に関してはライフワークとして取り組んでいきたいと思ってます!なので、便業のため、備忘録としてまとめている面もあります。むしろそのほうが大きいかも。随時更新していこうとともいます。)

 

生物多様性って知ってる?

 そもそも、生物多様性って知ってる?言葉くらいは聞いたことがある?実際みんなどれくらい知っているんだろう?そんな疑問に答えてくれるのが環境省のアンケート結果。ただし、最新のが見つからなかったのでH28年度のものですが。。

 

平成 28 年度生物多様性認知度等調査(インターネット調査)の結果

f:id:dotwir:20181009234958p:plain

https://www.env.go.jp/press/files/jp/106365.pdf (181009閲覧)

 H28年度最新の結果だと知っている、もしくは聞いたことがある人が7割もいる。 意外。。。みんな生物多様性のことをどこで見知ったの??普通に暮らしてて出会う場面あったけ?すごいな日本人。

 とか言ってみるけど、実際知っているといっても聞いたことがあるレベルでとどまっていて現実を知らない人のほうが多いと思います。関わってた自分だって体系的に包括的に意義をしっかりと説明しろって言われたらアワアワしてしまう。

 ここで重要なのが生物多様性を知っているだけ、ということはあんまり意味がないということです。生物多様性のような概念は知っているだけ、聞いたことがあるだけでは正直意味がない。生物多様性という概念を知ってどう行動していけるかがポイントとなってくると思います。

 ……偉そうなこと言ってすみません!!でも、実際のところ間違っていないと思う。この記事をきっかけに生物多様性について知って、生物多様性保全(生物多様性を守ってていこう!ということ)にとりくんでいけるひとになっていきましょう!自分も含め。。

 前置きはこれくらいにして、生物多様性について書いていこうと思います。

 

 

生物多様性って何?

 生物多様性って何?生きものがいっぱいいるってことでしょ?

 そうです、間違ってはいないと思う。というか、自分もそう思ってます。。まず、誰もが調べ物をするときに見るWikipedia先生に聞いたみた。すると、

生物多様性(せいぶつたようせい、英語: Biodiversity)とは、生物に関する多様性を示す概念である。生態系・生物群系または地球全体に、多様な生物が存在していることを指す。

生物多様性 - Wikipedia

 ということらしい。生きものが多様に存在していることを示す概念みたいです。生物多様性と検索するとWikipediaの次に出てくるのが、環境省の生物多様性に関するページ。やはり環境省ですか、ありがとうございます。力が弱い官庁と言われてもさすがにここは環境省の出番です。

生物多様性とは、生きものたちの豊かな個性とつながりのこと。地球上の生きものは40億年という長い歴史の中で、さまざまな環境に適応して進化し、3,000万種ともいわれる多様な生きものが生まれました。これらの生命は一つひとつに個性があり、全て直接に、間接的に支えあって生きています。生物多様性条約では、生態系の多様性・種の多様性・遺伝子の多様性という3つのレベルで多様性があるとしています。

www.biodic.go.jp

 前半部分は比喩的にやわからかな感じで説明してくれていますが、最後はなんか3つのレベルがあるとか言ってます。しかも、条約って?これらは後で説明していきますね。

 もう一つだけ、ご紹介。パンダのロゴで有名なWWFジャパン(https://www.wwf.or.jp/)という世界最大規模の環境NGOによる生物多様性の説明です。噛み砕いた説明でしっくりとくる説明がされています。「生きもののつながりを、私たちは「生物多様性」と呼んでいます。」これはすごくわかりやすいし、つながりという点は生物多様性を理解するために重要なキーワードだと思います。

地球上の生命、その中には、ヒトも含まれれば、トラやパンダもおり、イネやコムギ、大腸菌、さまざまなバクテリアまで、多様な姿の生物が含まれています。

これらの生きものはどれを取ってみても、自分一人、ただ一種だけで生きていくことはできません。多くの生命は他のたくさんの生物と直接かかわり、初めて生きていくことができるのです。

このかかわりをたどっていけば、地球上に生きている生きものたちが、全て直接に、間接的につながり合い、壮大な生命の環を織り成していることが分かります。

この、生きもののつながりを、私たちは「生物多様性」と呼んでいます。

それは、この地球という一つの環境そのものであり、そこに息づく生命の全てを意味する言葉に他なりません。

www.wwf.or.jp

 

さて、長くなってしまいましたが、生物多様性とは、

”生きもののつながり”

ということを覚えていただければ、入り口に立てたのではないかなと思います!

 

ーーー

 今回はこのあたりにして、次回以降は以下のようなことについて調べて書いてみようかな!もっとわかりやすいページとか調べてみて、面白いことがあればどんどん更新していきます!

  • 具体的には何をさすの?
  • 生物多様性はなんで重要なの?
  • 生物多様性を保全していく方法って?
  • もっと詳しく知りたい場合は?

もし、こんなこと調べてほしいということがあればコメントください!

 

以上